韓国大使館員ニュージーランドでセクハラ 紙芝居ワールドニュース

未分類

紙芝居ワールドニュースyoutubeチャンネル

セクハラ韓国、謝罪はしない

国の品格にかかわる、セクハラに謝罪もしない韓国

どの国でもないわけではないのでしょうが、お隣の国ではお役人様のセクハラ事件が良く報道されます。記事ネタ探しに「●国 セクハラ}でググると、出てくる出てくる、外国公館での大使館員、領事館員のセクハラも。

今回特に問題になったのは韓国外交部長官がニュージーランド大使館でのセクハラについて、ニュージーランドを無視し、被害者にも、ニュージーランドにも謝罪はしないと公言したから、しかも「国の品格にかかわるから」としたこと。

まともな国なら少なくとも遺憾の意を表すぐらいしますよねえ。
ところが国の品格にかかわるので謝罪はしないだって。

おまけにカン長官は首脳会談でセクハラ疑惑を持ち出したニュージーランド首相を外交欠礼だと逆切れして見せた。

おめえたちはどんな教育を受けてきたんかい!これで国の品格なんか言える立場か!
只今詳細調査中、このような事件を起こしたことを遺憾に思う、これが普通だろ、という思いで詳細を調べてみました。

またもや韓国外交官がセクハラ。韓国の品格って何だ。ニュージーランドで韓国外交官がセクハラで逮捕状。だが韓国は謝罪もしないで無視、なのにカン長官は「国の品格」を口にした

紙芝居ワールドニュースyoutubeチャンネル

 

韓国外交官セクハラのテキスト記事

NZ人口500万人、ほぼ福岡県と同じ
国土面積は日本から北海道を外した面積ぐらい
底の福岡県民の人工なので人口密度はかなりゆったり

国防軍 総兵員9000人 陸軍4500人空軍・海軍4500人
空軍は主に輸送機で戦闘機は保有しない
ファイブアイズ構成国だが軍事力を伴う共同作戦は無理

ニュージーランドにおける報道 ニュージーランドヘラルドweb版
https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=12352917
https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=12322028&ref=art_readmore

 

在フィリピンK国大使館に画像がある

検索 http://overseas.mofa.go.kr/ph-ko/brd/m_20423/view.do?seq=48&srchFr=&srchTo=&srchWord=&srchTp=&multi_itm_seq=0&itm_seq_1=0&itm_seq_2=0&company_cd=&company_nm=&page=1

 

K国とニュージーランドのこのセクハラ問題についてK国外交部長官カンギョンファの発言が韓ここ国内また国外で非難を浴びている

カン外相は8/25、国会外交統一委員会で「外交の恥さらし」に対する与党議員の叱責が続く中で、(K国外交官のこのセクハラ問題について)国民にご迷惑をおかけして申し訳ない」と陳謝した。しかしこれはあくまでも国内向けだ。

ニュージーランドの被害者、またニュージーランド政府に対しての謝罪の発言は何もない、それどころかトップ会談でセクハラ問題を持ち出しムンに恥をかかせたニュージーランドが無礼だ、と逆切れして見せた。

ことの発端は在ニュージーランドK国大使館でのセクハラ事件である
当事者はK国公館次席のK。ニュージーランドの報道ではキム・ホンゴンと実名で載せている
ホンゴンは自身の大使館事務室に部下W氏を呼び、コンピューターを見てほしいと言った後、W氏(被害者)の尻に手を当てた
セクハラに該当する事例を自ら知らせる意図で、同じ男性であるW氏の尻に手を当てながら関連の説明をしたということだ。これに類することが3度あったという。

 

25日に現地メディアのニュースハブはニュージーランド外務省がK国政府に調査に対する協力を要請したが、K国政府が応じていないと報道した。
2017年末にK国人外交官のホンゴンが3回にわたり大使館の男性職員に意思に反した身体接触をしたとの疑惑を提起した。
この事件は2月にニュージーランドの裁判所がk氏に対する逮捕状を発行して表面化した。
K国外交部はこれまで、ホンゴンへの嫌疑については「推定無罪の原則」を掲げ、言及していなかった。

 

疑惑が表面化するとホンゴンはK国帰国を命じられたが、減給1カ月の処分を受けただけで、現在もフィリピン総領事として勤務している。
ホンゴンを推定無罪でかくまった一方でK国は、在任中、K国人女性にセクハラをしたとされる前駐韓フィリピン大使に対しては、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に国際手配している。内輪に甘く外には厳しい

K国はニュージーランドの抗議を無視し続けていたが、WTO事務長選挙でK国の立候補者の応援依頼についてムンが迂闊にもニュージーランドの首相に電話した。
この会談の中でアーダーン首相がムンにセクハラ問題の解決を持ち出した。

カンは首脳会談でセクハラ問題が出されたことに腹を立てた、そして8/25の国会外交統一委員会での発言になる。

肝心のニュージーランドに対する謝罪に関しては「国家の品格の問題」として拒否し、、あろうことか「首脳会談で議題になってはならないものが議題になった部分があり、それについてはニュージーランドの責任が大きい」と逆ギレし、セクハラ問題に関してK国がニュージーランドに対して責任を負うべきかどうかは別の問題、とした。

与党議員から、ニュージーランドに謝罪すべきでないのかの質問に、「他国に外交部長官が謝罪するのは国家の品格の問題」として「今この場で謝罪することはできない」と答えた。加えて「文在寅大統領が心地悪い位置にいらっしゃることになった点について恐縮している」と述べてみせた。

ニュージーランドには謝罪はしない、我が大統領に謝罪する・・なんだこれ。

 

 

K国人外交官によるニュージーランドでのわいせつ行為・セクハラ(性的嫌がらせ)疑惑と関連、25日に国会で「国の格と主権を守る必要がある」としてニュージーランド国民や被害者に対する謝罪を拒否したK国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官を批判する声が国の内外で高まっている。
NZへの謝罪は棚上げしたとしても最小限被害者への遺憾の意の表明はあるべきだという批判だ。

状況がここに至って、K国政府、K国外交部の対応について、ついには当該外交官ホンゴンとカン外交部長官を検察に告発する市民団体も現れた。
市民団体・経済正義実践市民連合のパク・サンイン政策委員長(ソウル大学行政大学院教授)は27日、「国の格を持ち出す長官に、これ以上期待も言う言葉もない」「文在寅(ムン・ジェイン)政権の問題や自己矛盾点を要約して示している」と述べた。

同じく市民団体「世界市民宣言」も同日の声明で、「頭を下げても不十分なのに、カン長官は謝罪しろという与党議員の要求をも拒否した」「本当に国の格を落とすことは責任ある謝罪ではなく、巧妙な言葉で責任を回避し、事件を縮小・隠ぺいしようとする政府の姿だ」と批判した。

K国政府は国内からの反発が強まったことを受けて、ようやく重い腰を上げようとしている。

 

国の品格をホコリとするK国のトップ層はなぜかセクハラ絡みの人が多く、そしてしっかりお互いをかばい合う。
平気で嘘をつく、手段を択ばず結果主義、なんでもかんでも人のせい、これがあんたらのいう国家の品格か。

国家の品格の問題として、ニュージーランドに謝罪しないとは、笑わせる。
よその国にはしつこく謝罪を要求することのが得意技のK国はよその国からの謝罪要求には応じないのか。
ライダイハン問題はどうした、偽いやんふ団体はどうした、戦略物資横流しはどうした、レーダー照射はどうした、お前らが謝罪すべき案件はいくつもある。
国家の品格のため謝罪しないの発言が大きなぶーめらんとなって外交部長官の品格も国家の品格も丸つぶれだ。
そもそも自国の歴史まで嘘で固めた国に「国家の品格」なんてあったのか。

K国の皆さん一度『国家の品格』藤原 正彦氏著を読みなさい。武士道、わびさび、美的感性、伝統的情緒について書いてある
あ、この本は日本人の品格、日本国の品格についてか。あんたの国にないものばっかりだ。

 

ニュージーランドでのK国の評価は大きく崩れることとなった。

ニュージーランドさん、ベトナムさん、千年忘れないでね