日本軍従軍慰安婦 韓国の謝罪と賠償請求の根拠はどんなことなの?

未分類

電脳紙芝居ワールドニュースyoutubeチャンネル

嘘だとばれても慰安婦に謝罪と賠償要求

韓国の従軍慰安婦は性奴隷ではなかった

韓国の日本に対する従軍慰安婦問題、度重なる謝罪と賠償。日本人のほとんどが戦争を知らない世代だからどんな問題なのかおよそのことしかわからない。誘拐されて慰安婦にされたとか、従軍慰安婦は性奴隷だった、と何度も聞くと、日本軍は韓国人慰安婦にかなりひどいことしてきたのかなあ、と思ったりもしますね。

そんなところに従軍慰安婦の生き証人として証言し続け、トランプ大統領に抱き着いたりしたおばあさんが、私は日本軍慰安婦じゃないと暴露。挺対協・正義連の代表、尹 美香から指示され、30年間いわば「日本軍の性奴隷だった」を演じてきたという。

尹 美香は韓国で慰安婦のための寄付金を横領、慰安婦問題に関しての日韓の和解を妨害していた
従軍慰安婦を食い物にして、日本と韓国を対立させて、結局は人権を隠れ蓑にした詐欺団体か。尹 美香、どうなってんだ!

韓国従軍慰安婦の嘘。性奴隷、日本軍強制連行の事実も確認できなかった。

紙芝居ワールドニュースyoutubeチャンネル

慰安婦問題について、イデオロギーや関連団体の主張を排除してみると

慰安婦問題については日本、韓国、北朝鮮の政治体制、イデオロギーを基にした発言や行動が多く、何処まで真実なのかよくわからない、書いてあることや慰安婦の証言も事実か意図を持った創作かわからないのが多いです。

韓国人元慰安婦の証言があてにならない、挺対協・正義連の言い分もあてにならない、各種関連団体の言い分もあてにならない、ということで、第三者がまとめた従軍慰安婦の記事、従軍慰安婦関連の当時の画像、などから日本軍従軍慰安婦についてまとめました。

日本軍従軍慰安婦は軍人による拉致・強制連行で慰安婦にされたのではない。
日本軍の要請で慰安所が設置されたが、運営管理していたのは民間人経営者である。
慰安婦たちは日本軍中佐・大佐並みの高収入だった。
慰安婦たちは親が受け取った前借金をおよそ半年で完済した。
前借金返済後は慰安婦の廃業、継続は本人の意思で決められた
日韓の慰安婦問題は朝日新聞のファクトチェックなしの報道によって勃発した。

これらがポイントになると思います。

 

従軍慰安婦問題の嘘と真実、やっと完成!

いろんな立場の記述も参考にテキストをまとめようとしているので整理するのに時間がかかっています、
まとめたテキストはこの下。それを60コマに分けると文字数がとてつもなく多い。

ほかの動画の倍の時間をかけてやっと完成、性奴隷は嘘だった、韓国慰安婦問題

この絵面で文字読み上げだけで動画にできますがこれじゃ面白くないですね。なるべく違った画面になるようにしました、題材が題材だけに、Youtubeでは削除になるかもですね

従軍慰安婦性奴隷は真実ではない

従軍慰安婦強制連行の嘘

従軍慰安婦は高額所得者

従軍慰安婦と朝日新聞

 

日本軍従軍慰安婦は性奴隷?本当はどうなってんの?テキスト

日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)とその前身である「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)に横領疑惑が持ち上がり、同団体の疑惑がに大きな政治、社会問題になっている。日韓は従軍慰安婦問題で深い溝を作ったがその発振源の団体は人権団体ではなくたかり団体であった。

挺対協は韓国に民主主義が定着すると都合が悪い北朝鮮の意向を受けて、日韓の分断を図るために作られた団体である。海部内閣発足後の1990年9月26日に朝鮮労働党と日本の自民党、社会党との「日朝3党共同宣言」が発表され、日朝国交回復と賠償問題が取り上げられる中で、1990年11月に韓国で「挺対協」が結成される。

挺身隊とは戦地に赴いた男たちの代わりに工場などで働く女性たちのこと。韓国挺身隊はそうした労働のために韓国から日本にやってきた女性労働者たちであって慰安婦ではない。労働者からいきなり軍の命令で慰安婦にされたという記録も証言もない。

吉田清治の「慰安婦狩り」と朝日新聞

1982年9月2日朝日新聞大阪版で、吉田清治が講演した「慰安婦狩り」を取り上げて紙面で報道、これが日韓で従軍慰安婦問題に火を受けた。済州島で若い女性200人を拉致し強制的に日本に連れてきて慰安婦にしたというものだった。吉田は強制連行する側の一人だったという。だが現地済州新聞社が調査しても慰安婦刈りを裏付ける証言は出てこなかった。その間朝日新聞や赤旗は頻繁に吉田の慰安婦狩りを事実として報道した。のちに吉田は「済州島には行ったこともない、済州島の慰安婦狩りは創作である」と認める。

朝日新聞はお詫びと訂正を紙面に載せたが焼け石に水。

いったん火が付いた慰安婦狩りは、既成事実化され、韓国政府の困ったときの反日政策にも後押しされ、日本は執拗に謝罪と賠償を請求されることになる。
「挺対協」は水曜集会で人権を旗頭に従軍慰安婦問題を煽り、日本の賠償を求め、募金を募った。

韓国人だけがが強制従軍慰安婦への謝罪と賠償を言うだけでなく、日本の弁護士、学者、政治家にも強制従軍慰安婦は事実であると公言する者がいる。名前や経歴を見ればいわゆる極左である。

従軍慰安婦が嘘だという人はいない、従軍慰安婦はいた、日本軍の慰安所はあった。そこに朝鮮女性はいた。
だが拉致され、強制的に日本に連れてこられた性奴隷ではない。従軍慰安婦連行にかこつけて、元慰安婦だという人を作り出して売春を強いられたと証言させ、これは重大な人権問題だとしてアメリカ議会まで動かした。
そして2020年ついに挺対協・正義連が嘘をついていたことがバレる。

すべての朝鮮人慰安婦が日本を恨んでいないということはないだろう、生涯消えることのない辱めや暴力が一部にあったかも知れない。そうした方に個人的に遺憾の意を表すべきだろう
だが従軍慰安婦は日本軍の性奴隷だった、は金儲けと北寄り政治運動を企む似非人権団体のプロパガンダであった。
似非人権団体のプロパガンダにあおられた韓国市民、似非人権団体のプロパガンダを国際人権問題に利用した政府、利用された政府。どうにかならんか。

慰安婦は強制連行された性奴隷ではなかった、正義連・挺対協が金の奴隷であった
実際の従軍慰安婦の待遇はイ・ヨンフン教授が詳しく書いている記事がある

 

10 或る慰安所の 帳場人の日記

https://president.jp/articles/-/30757
https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/7075?p=1
https://netlabo.biz/teitaikyou

反日種族主義 イ・ヨンフン教授の従軍慰安婦に関する記述

随分長い間慰安婦問題で謝罪と賠償がお隣から叫ばれ、機会あるごとに日本が謝罪し賠償金、慰労金を出してもまた次に謝罪と賠償請求。ごり押しすればぺこぺこする日本が定説になってしまった。調子に乗って条約も協定も合意もひっくり返そうとする。
そもそも彼らが声高に叫ぶ「従軍慰安婦は性奴隷だった」とはどういうことなのかまともに事象を調べることもなかったのですが、元慰安婦を名乗りトランプとも面会した老婆が、実は私はいあんふじゃない、ユン・ミヒャンに騙されたという暴露から、やっぱり、もう少し詳しく知る必要があると思いました。

国内で慰安婦問題を煽った学者、弁護士、イデオロギー塊の政治家たち、フィクションを事実と報道し部数激減の某新聞の愚行についての詳細はここでは省略します。
記事内容の主要部分は反日種族主義のイ・ヨンフン教授の従軍慰安婦に関する記事からになります。

 

イ・ヨンフン教授は韓国での妓生・公娼についての調査の中で朴治根(パクチグン)という人物の日記をみつけました。1916年から57年まで約40年間の日記帳でした。朴という人はシンガポールやビルマ(現ミャンマー)で日本軍慰安所を経営していました。

1942年から44年の慰安所に関する部分です。釜山で代書屋をしていたパクチグは戦争のために大邱に戻り旅館を運営しました。ここでいう旅館は小規模な慰安所でした。
日本軍のアジア戦線拡大を見て妻と一緒に20人の若い女性をつれてビルマで慰安所を経営しました。

当時の朝鮮は公娼制があり1942年で9500人とされています。戦後、1966年で南朝鮮だけで公娼・私娼33万人、2002年韓国女性部の調査でも68か所の集娼村があり、そのほかカラオケ売春、売春喫茶などを含めると33万人が売春に関係しているデータがありました、女性の労働人口の8%に相当します。これらの女性の稼ぎを計算すると第一次産業(の林漁業)の生産額より大きいといいます。

 

日本軍がビルマやシンガポールに戦線を広げるにつれて現地での日本軍のイアン所が必要となり、日本軍からの依頼を受けた朝鮮の慰安所業界・慰安婦斡旋業の元締めからパクチグンはビルまでのイアン所経営を依頼されます。

慰安婦となる少女たちは貧しい家の子が多く、高額な前借金と引き換えに親元を離れ、売られてゆ来ました。
貧しい家、前払い金と交換に娘を身売りする、年季奉公に出す。年季が明けるまで奉公させられる、これはどこの国にも、日本でもあった話です。

こうして集められた女性たちは慰安婦として満州や台湾などにすでに存在した慰安除で多くの女性が働いていました。
日本軍慰安婦は朝鮮の公娼婦制が日本軍人のための公婦として戦地や日本で編成されたものです。

高額な前払い金と引き換えに身売りされた

パクチグンの日記をみれば奴隷的待遇はあり得ない嘘だと分かります。慰安婦たちは年季が明ければ、つまり前借金の返済が終われば自分の意志で慰安婦の仕事をやめて廃業し自分の故郷に帰っていました。
それ以前、研究者たちは、「慰安婦は奴隷で自由に戻ることはできない」としていました。通常多くの人がそう思っていました。しかし、イ・ヨンフン教授の発掘した資料では慰安婦たちは自由に行ったり来たりしていました。

慰安婦所を運営する業者たちは女性を募集するのに苦労していました。もっともらしく言われる、誘拐されて、または兵隊が強制的に暴力的に連れ去られた記録はありません。
一時期朝鮮では一人で出歩く少女、川で洗濯していた少女が誘拐される事案が横行し中国に売り飛ばされる事件が多発していましたのでどこかでこの誘拐と慰安婦が結びつけられたのかもしれません。
女性たちの多くは貧しい家の出身で、前金・支度金を親が受け取り、娘たちは東南アジアや日本に送られました。当時の募集記事によると募集年齢17~23歳、月収300円、前払い3000円まで、とあります。

日記は具体的でした。彼女たちは性奴隷などではありません。前借金の支払いを済ますと朝鮮に戻る自由がありました、また、留まって継続することを選ぶ権利もありました。女性たちは半年で前借金を返済し、およそ2年で、たくわえを作って慰安婦をやめていたようです。

敗戦直後、アメリカ軍が当時の米軍の捕虜となった慰安婦たちへの尋問の調査でも、2000円から3000円の前借金で応募・勧誘されたと証言があります。勧誘に応募したと答えているんです。強制連呼とは答えていません。
そして彼女たちはご飯食べさせてもらえるだけの厳しい待遇ではなく月に300円という高額な収入がありました。日本軍からコンドームが支給されていましたので望まない妊娠は避けられたようです。

単純計算してみると国務大臣クラスの収入

慰安婦問題はお金の話ではないとお怒りになるかも知れませんがあれこれ資料を見ていて彼女たちはめっちゃ高収入だったことを知りました。
当時朝鮮の下層民の平均月収が10円の頃でした。慰安所の女性たちの月収は300円以上、親が受け取った2000~3000円の前払い金もほぼ半年で返済したようです。
借金がなくなれば慰安婦をやめて本国に帰ることもできますが、平均1年2年仕事を続けて充分なたくわえを作って本国に帰ったといいます。
軍が彼女たちを拘束し無理やり客を取らせることはありませんでした。これが奴隷といえますか。

ちなみに計算しやすく下層民の収入10円を10万円と仮定すると、彼女たちの月収300円は300万円。年収にすると3600万円、
(実際はこの半分ぐらいが当時の価値に近いかもしれませんが計算上の参考換算額として)

2000円の(単純換算で2000万円)の前払い借金があったとしても6か月7ヶ月で返済してしまいます。今どきでも2000万円の借金を半年で返済するのは極めて難しいです。
現在の日本の国会議員の年収は約2200万円、総理大臣は4000万円、大臣クラスで3700万円ですから慰安婦たちは現在の日本の国務大臣クラスのとてつもない高収入です。これが奴隷??

慰安所は軍の管理下にはあったが経営は民間である

日本軍慰安所は日本軍が直接管理する施設ではなく、日本軍の依頼を受けて民間人が運営したものです。慰安婦たちはその経営者にやとわれています。雇い主は慰安婦の募集、登録や廃業、彼女たちの収入の管理、本国への送金、食事の世話などの経営全般を任されていたが、日本軍はおろか雇用主との間にも奴隷管理的支配関係はありません。
慰安婦は前払い金を返済すると祖国に戻ることができました、残ることもできました。これは雇い主との契約で、慰安婦たちは日本軍に拘束された奴隷などではなかった。

繰り返しますが借金返済後はやめる、続けるは本人次第、そこに日本軍の関与はないのです。
確かに慰安所開設を要請したのは日本軍で、彼女たちのお客は日本軍人です。でも日本軍が強制力や暴力をもって彼女たちを支配したものではないのです。
何故これが日本軍の性奴隷ということになるのでしょう

原稿整理過程で後回しになった記事

誰が何のために慰安婦問題を持ち出したのか

慰安婦問題の発端となったのは「吉田清治」が1980年代に、太平洋戦争中に軍の命令により朝鮮の済州島で若い女性を慰安婦にするために自身が200人の若い女性を強制連行したとする証言を数多く行い、自らそれについての出版物を出したことから始まっている。

朝日新聞がこの「吉田証言」を真実として頻繁に記事にしたため、後の日韓外交問題(慰安婦問題)の大きな原因となった。

この吉田の話に目をつけて日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのが、「福島瑞穂」氏や高木健一氏などの弁護士で、彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。

そこで見つけたのが「金学順」で、彼女はNHKにも出演して「親に売られてキーセンになり、義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と証言した。

これを吉田のストーリーに沿って女子挺身隊として強制連行された」として福島氏らは訴訟を起こした。

それまでは韓国では慰安婦問題について特に取り上げられることはなかったが、吉田清治氏の証言を元に書かれた、朝日新聞の報道を韓国メディアが引用して取り上げたことで、韓国世論で日本への批判が高まり、今度は朝日がそれを再び報じるということが繰り返され、朝日と韓国のメディア、世論による一種の「共鳴」とも言える状況がみ見られるようになり、慰安婦問題に火がついた。

1992年に「戸塚悦朗」弁護士が「慰安婦性奴隷」の国際的認知を目的に、国連人権機関にロビー活動を開始しました。
慰安婦の呼称として「性奴隷(Sex slaves)」を提唱し、執拗に何度も国連に使用を働きかけた。

その結果、1996年、「クマラスワミ報告書追加文書」が人権委員会に提出され、強制売春による甚だしい人権侵害があったとされ国連では慰安婦問題を人権問題として扱うようになった。

そして、慰安婦問題=性奴隷というイメージが世界に広がった。

問題の発端となった 吉田の証言は1995年になって吉田自らが証言は主張を織り交ぜた創作であり虚偽であったことを認めた。

朝日新聞も批判を受け入れて2014年に記事を取り消し謝罪したが韓国に於いてはすでに既成事実として定着し、一向に収まる気配はなく、今日の慰安婦像設置までに至っている。

これまで日韓の間で歩み寄りの会合が何度か持たれ、和解しそうになると挺対協などの妨害が入り破綻している。

挺対協にしてみれば解決してしまっては困るのだ。
組織の存在意義がなくなり収入原を失うことになり、また日韓分断の目的を果たせなくなるからだ。

参考記事を訂正、おわびしご説明します 朝日新聞社 慰安婦報道、第三者委報告書

日本人を貶めた朝日新聞の大罪 韓国にいいように利用された責任は大きい。

彼が自身の慰安婦の報道にどう言っているのが「朝日新聞 植村」でググってみてください。

日本軍慰安婦問題にかかわる主要人物

金学順(キム・ハクスン)

慰安婦として初めて名乗りを上げた人物。

1924年 – 1997年12月16日
1991年8月に韓国で初めて慰安婦として名乗りを上げて証言を行い、同12月に文玉珠(ムン・オクチュ)、金田きみ子(仮名)らと共に日本政府に謝罪と補償を求め東京地裁に提訴。2004.11月に最高裁棄却により敗訴が確定した。

各々の発言の真偽については議論がある。
朝日新聞は、金学順さんが「だまされて慰安婦にされた」と書いたが、金さん自身が原告の裁判などで、「家が貧乏で母親にキーセンに売られ、その後慰安所に行った」と証言している。

福島みずほ

弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員

1955年12月24日 –
日本政府を相手取った慰安婦による賠償訴訟で弁護団の一人。

日本政府を相手に訴訟を起こすために、韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。
そこで見つけたのが金学順(キム・ハクスン)だった。

1991年に朝日新聞紙上で元慰安婦として証言した金学順さんは最初の会見では「14歳で親にキーセンに売られた」と語っていた。

にもかかわらず、その後、福島氏が弁護人を務めた裁判の中で「軍人に無理矢理慰安所に連れて行かれた」と証言を変えた。当初の目的は、軍票(敗戦で無効になった)で支払われた給与の賠償だったが朝日新聞の吉田証言に基づく虚報に合わせて裁判を有利にしようと工作した疑いがある。

福島みずほ氏が慰安婦問題をNHKに売り込んで来たときのことをNHKの大阪支局に勤務していた池田信夫氏が次のように証言している。
「韓国で初めて慰安婦として名乗りをあげて証言した金学順(キム・ハクスン)さんにスタジオの隅でセリフを教えていた」と。

戸塚 悦朗

弁護士。龍谷大学安重根東洋平和研究センター客員研究員

1942年-
「強制従軍慰安婦」、韓国人慰安婦の対日補償請求運動を支援し、国連人権委員会で、「従軍慰安婦」問題をNGOの代表として初めて提起し、日本政府に責任を取るよう求め、国連の対応をも要請するなど、今日の慰安婦問題に多大な影響を与えた。

また、慰安婦の呼称として「性奴隷(Sex slaves)」を提唱し、日弁連や国連に使用を働きかけた。

戸塚氏は国連のNGOに所属する立場を利用して、慰安婦問題について国連人権委員会が勧告を出すよう執拗に働きかけ、20回近い会合に出席して吉田清治の話を英訳して配布し、慰安婦をSex Slaveと英訳して世界に紹介した。

日本人が「性奴隷」という言葉を発明して慰安婦問題を人権問題にすり替え世界に売り込み、この問題が国際的に既成事実になった。

在米抗日連合会の創設者で現副会長のイグナシアス・ディン氏にジャーナリストの大高未貴氏がインタビューした動画の中で戸塚氏のことを「彼は中国政府のロビイストである」と発言している。

尹 美香(ユン・ミヒャン)

与党「共に民主党」の国会議員

1964年10月23日 –

韓国の慰安婦支援団体挺(現在、正義連)の前代表。

慶尚南道南海郡生まれ。韓神大学校卒業後、梨花女子大学校大学院でキリスト教学科修了、同大学の社会福祉大学院で修士号を取得。

1992年の挺対協発足時に幹事として参加。のちに常任代表を務め、ソウルの日本大使館前で水曜デモを主催して来た。

今年の4月15日の国会選挙に出馬。革新系与党の比例代表で当選。

30年間行動を共にしてきた元慰安婦・李容洙(イ・ヨンス/91歳)さんの告発により、国会議員に当選したての尹美香氏の金銭スキャンダルが次々と指摘されている。

李容洙(イ・ヨンス)

元日本軍慰安婦だったと主張する女性。

1928年12月-

91歳。韓国大邱広域市在住。社会運動家、人権運動家。2017年にトランプ大統領と面会。運動の象徴的存在でもある。1993年に慰安婦被害者として名乗り出た。

艇対協(現 正義連)の支援の下で、韓国国内はもとより、アメリカ合衆国下院121号決議や女性国際戦犯法廷など、国際社会への発信活動においても中心的役割を果たした。

しかし、集まった基金の分配をめぐり正義連と対立。
今回の騒動の中、尹美香がイ・ヨンスは慰安婦ではなかったと言っている。

「軍による強制連行」を主張する内容に証言を変更していることから李容洙の証言は信憑性がないと指摘されている。

 

ファクトチェックしないと・・

日韓で問題が起こるたびに韓国市民が反日を振りかざす。小学校から徹底的に日本は悪の権化だと教えられているからしょうがないともいえるが、高校生、大学生、社会人ぐらいになればネットは自由に使えるだろう。昨日日韓で起きたことは日本のせい、という政府発表が100%正しいのか調べることはできるはず。

ホワイト国から外しやがった、日本がいきなり後頭部を殴った、反日だ、不買だと自分のカメラを壊すのもいいんだけど、なぜ日本がホワイト国除外にしたのかをなぜ調べないのだろう。

韓国の新聞と日本の新聞と複数チェックしてみれば両社の言い分の違いも分かる。何が原因かということもわかる。
NO.JAPAN NO.ABEのプラカード掲げてデモってる人たちは日本側の説明も見たうえでデモってるのだろうか。

韓国が中国の一部なら自由に世界のネットニュースが見られないことは分かるが韓国は中国ではない、日韓の問題なら日本のニュース、韓米の問題ならアメリカのニュースも観てから判断すべきだろう。日本にもアメリカにも右寄り、左寄りの新聞はある。

ものごとを理解・判断するときには全体を見る必要がある。
それが不可能なときは、せめて反対側の意見には目を通そう。

さてジャーナリストの藤原修平氏によると4月24日の水曜日、いつものように集会がおこなわれて、「日本政府は、謝罪しろ、謝罪しろ、謝罪しろ!」という声が響いていた。
この日の参加者人約120人のうち、「そのほとんどが小学校高学年」と書いてある。
「日本なら何を言ってもいい」という社会の空気が後押しすれば、小学生が外国大使館に向かって「謝罪しろ!」と叫ぶこともできる。
そういう子供に対しては、「教師と思しき中年の男女数人が笑顔で拍手を送っていた」という。
自分たちの教育成果を確認できたら教師冥利につきる。

集会が盛りあがったのは、小学生の代表がステージで「ハルモニ(元慰安婦のおばあさん)」に手紙を読み始めたときだ。
「イルボンノムドゥル(日本の野郎ども)」という日本人を蔑視する言葉が小学生の口から何度もでてきて、「通りかかったビジネスマンの顔からは思わず笑みがこぼれていた」とある。
あの国は本当に日本と平行世界にある。

 

学校が教えない社会科・歴史・公民 - 韓国の反日教育の実情

でも、この児童に罪はない。
そもそもこの文章は教師が助言・指導したもののはず。
これが教育の成果で、この子はその成果というか犠牲者だ。
日本人が知るべきものはこの小学生の背後にあるもの、「日本の野郎ども」と児童に言わせる反日教育やそれを認める韓国社会の価値観。
ずるい大人はいつも子供を利用する。
子供に自分の政治的主張を言わせる。

反日文化は金泳三政権の時代に始まった

反日文化は金泳三政権の時代に始まりました。それまでの戦争後の韓国は対外的には反共でまとまり国内では日米の協力を受けながら社会資本を充実させ経済を発展させてきました

その後、韓国に外国為替危機が起き、事態の収拾に日本の協力が必要だった金大中政権は「反日」を抑えました。

ところが盧武鉉政権は独島に民間の観光客を送り、施設を増築するなど大騒ぎをしました。

盧武鉉大統領は1946年生まれで、日本の統治を経験していない解放後の世代です。彼らが反日種族主義的な観点から国家のアイデンティティを揺るがし、独島問題や韓日の葛藤をいっそう増幅させたのです。

国家よりも民族が上
【洪】私は『反日種族主義』が日本語で出版されたいま、元徴用工問題や慰安婦問題を超えて「韓国の文化と精神はいったい何なのか」という議論を惹き起こすと思います。

日本の人々もこの本を深く読めば、否応なく日本の精神的近代化の諸問題に突き当たり、自問するようになるでしょう。併せて、韓日両国の精神史に対しても問題提起がなされるのではないでしょうか。

日本にはもちろん覚醒した、西欧文明を正確に理解した人々がいると思いますが、集団的に見れば近代化とは結局、和魂洋才と富国強兵です。

2021年のNHK大河ドラマの主人公は、韓半島の運命にも影響を及ぼした渋沢栄一。渋沢がつくった日本初の第一国立銀行は、韓国の釜山に初の海外支店を出し、大韓帝国の発券銀行となって朝鮮銀行になりました。

しかしそれを認めない韓国人も多い。韓日ともに、文明史を巨視的に捉えるのは難しいものだと思います。

【李】日本では昭和期に入って民族主義が高揚し、大陸への進出と並行して日本帝国主義が膨張しました。しかしそのような民族主義は、同時に強力な国家主義の意識を伴います。民族主義の土台には愛国主義がある、ということです。

私が韓国にあえて「種族主義」という言葉を用いたのは、韓国では国家よりも民族を上位の概念とする人々が多いからです。彼らは、韓半島は将来、一つの国家に統合されねばならない、と考えている。

さらに民族を上位と捉える人たちは反対に国家の正統性、大韓民国の正統性を認めません。

現在、文在寅政府と少なからぬ韓国人は、平和体制を通じた国家連合を追求し、支持しています。彼らは大韓民国の歴史的正統性さえも事実上、認めていない。そのため、韓国の民族主義はますます種族主義的な特質をもち、北韓の首領体制を批判意識なしに収容する傾向があります。

反自由主義的、反個人的な性向をさらに際立たせて表している点では、日本と大きく異なるのです。

【日韓関係】ベストセラー『反日種族主義』~韓国人の噓は日本人の1250倍!――古田博司(筑波大学名誉教授)/久保田るり子(産経新聞編集委員)
韓国人学者自らが自国を批判し、ベストセラーになった『反日種族主義』。この本が韓国人の歴史認識、対日感情を変えるきっかけとなるか――。朝鮮半島を知り尽くす有識者お2人が語りつくす。(『WiLL』2020年2月号掲載)

 

 

 

リセットコリア

四方の扉を閉じて部屋の中に座っている状況だ。外は吹雪だが、あえて無視する。心配する人には「大げさに騒ぐな」と面と向かって非難する。扉を開けようとする人には冷たい風が入ると怒鳴りつけるため、扉を開ける気にさせない。部屋の責任を負う人たちは外側の事情をよく知りながらも、周囲の目を気にして対策の準備をためらう。その間に隙間から寒気が入り込んで人々は寒さを感じ始める。

これは1年前、2019/06/03の中央日報のコラム内書かれた記事である。
この後輸出規制強化、ホワイト国抹消、そして日本製品不買が始まった。

20206月、事態はどう変わったか、さらにK国の状況は深刻さを増している。 消費低迷、失業率上昇、デフレ進行、輸出激減、外資不足などなどいまや複合骨折で身動き取れない状況に陥った。

米中経済戦争が始まり、コロナの追撃があり、経済の担い手であった財閥も青息吐息、その中で彼らがいうことは、謝罪と賠償、GSOMIA破棄である。相変わらず日本が~、安倍が~と四方を閉じた部屋から一方向だけに叫んでいる

日本が一方的に日韓関係を問題にしたわけではない、軍事転用可能な品目について説明を求めたことに対し無視し続けたあげく、友好国らしからぬ反撃に出たため日本が輸出厳格化とホワイト国外しで対応した。その後の不買運動、自国を正当化しようとする告げ口外交に日本国民ははあきれた
日本がさよならコリアになる前にリセットしたほうがいいですよ。

日本が心から謝罪すれば・・と彼らは言う。時の政府だけでなく一般国民もドイツを見習え、ことあるごとにドイツは謝罪を繰り返しているではないかという。
ちょっとググればすぐわかることだが日本は過去何度も謝罪を繰り返してきた。

ここで取り上げるには長くなりすぎるほど何度も何度も謝罪している。K国政府が言うには魂胆があってのことだろうが日本が謝罪してないという人はこうした事実を知らないのだろうか。国民の無知をいいことにアオリの道具にしているにだろうか。

一年半ほど前までK国が嫌いという日本人は25%ほどだった。2020年K国が嫌いという日本人は76%、8割近い日本人がかかわらなくていいと思っている。初め仲良くすればいいのに、と言っていた世界も、あんな国相手に日本も可哀そうねとの声が多くなった。

日本国内の反応も「もはやどうでもいい国」に落ちてしまった。国民感情がどうでもいい国から国の対応としてどうでもいい国が決定するのは差し押さえ資産の売却だろう。もう一度言いたい、さよならコリアになる前にリセットしたほうがいいですよ。